贅沢だしの薬味たっぷり湯豆腐鍋 いつもの淡白な湯豆腐にちょっと変化を加えたいときにぜひお試しあれ






材料 4〜5人分 作り方
水・・・・・・・・・・・・・・・・・土鍋の7分目
昆布・・・・・・・・・・・・・・・適宜
鰹節・・・・・・・・・・・・・・・適宜
ふと葱・・・・・・・・・・・・・・2本
しいたけ・・・・・・・・・・・・5〜6枚
豚バラ肉
(スライスされたもの)・・・400g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
しょう油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
酒・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
             以上贅沢だしの材料

豆腐・・・・・・・・・・・・・・・2丁
白菜・・・・・・・・・・・・・・・1/4個
豆もやし・・・・・・・・・・・・1袋
ブラウンえのき・・・・・・・1袋
春菊・・・・・・・・・・・・・・・1袋
水菜・・・・・・・・・・・・・・・1袋
             以上鍋具財各種

大根・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
シソの葉・・・・・・・・・・・・20枚
細葱・・・・・・・・・・・・・・・1/2束
しょうが・・・・・・・・・・・・・1片 
              以上薬味材料

ポン酢・・・・・・・・・・・・・・適量

材料の分量はあくまで目安です。


土鍋に7分目まで水をはり、だし用の昆布を入れて、1時間ぐらいおいたら火にかけ、沸騰したらたっぷりの鰹節を入れて、すぐに火をとめ、下に沈んだら、鰹節と昆布は取り出しておく。
(時間がない場合は、1時間おかずに、昆布をいれたらすぐに火をかけ、だし粉を入れてもよい。昆布は沸騰したら取り出しましょう。)

ふと葱は7.8ミリの斜め切りに、しいたけはいしづきをとって、中央に飾り切りを入れておく。他の鍋用の具財も全て適当な大きさに切っておく。

薬味の準備。今回は冷奴にすべて合う薬味をチョイス。ポン酢でいただく湯豆腐との相性も抜群。中でも風味豊かなシソの葉はかなり合う。
シソの葉は細かく千切り、葱は小口切り、しょうがはすりおろし、大根もたっぷりすりおろして、水気を軽く切っておく。

できあがっただし汁に、さらに深みをだすため、切っておいたふと葱としいたけ、一口大の豚バラを入れる。ここで入れるお肉はだしとして入れるもので、本日の主役はあくまでお豆腐。もちろん、お肉も楽しみたい場合は、分量より多くお肉を入れると良い。豚バラ肉が一番よいだしがでる。常に中火〜強火でOK。途中アクがでるので、こまめにとること。(だし用に入れたとはいえ、葱もしいたけも豚肉もすべておいしくいただけます。
 これが贅沢だしです! 葉物の野菜や薬味

アクがとれ、すんだスープができたら、ここで切ったお豆腐を入れ一煮たち。(豆腐は絹ごしでも木綿でもOKだが、普通の湯豆腐に比べたら具財が多いので、木綿を選ぶと荷崩れが防げる。)キッチンでの調理はここまで。あとは食卓の卓上コンロにて調理。(残りの具財は葉物が多く、すぐに火が通るため。気分的な問題もある。)

皆が食卓を囲んだところで、食卓上で白菜、ブラウンえのき、豆もやし、春菊、水菜をたっぷり山盛りに入れ、蓋をして、一煮立ちすればできあがり。

葉物の野菜を入れて・・・ 煮込むとこんな感じに

ポン酢の中に、お好みで大根おろし、すりおろししょうが、ねぎ、シソの葉をたっぷり入れ、これらをからめて召し上がれ〜!いつもの湯豆腐とは違ったまろやかな湯豆腐が味わえます。

とってもいいおだしが出ているので、鍋のあとはもちろんぞうすい、うどん、どちらもおいしいです。どちらも卵でとじて、三つ葉をたっぷり入れて召し上がれ〜!



inserted by FC2 system